Home笠岡諸島物語

笠岡諸島物語

笠岡諸島(かさおかのしまじま)は有人6島(正確には7島であるが、飛島は大小2島で1島扱いすることが多い)と多数の無人島からなり、瀬戸内海のほぼ中央を占めています。個性の際立つ島々にはそれぞれの豊かな物語が息付いています。是非、それを皆さん自身で体感してください。

高島

高島

笠岡市陸地部から、最も近い島が高島です。

白石島

白石島

国際ヴィラや海水浴場など、最も観光客の多い島です。

北木島

北木島

笠岡諸島最大の島。採石で知られ、良質の花崗岩が取れます。

真鍋島

真鍋島

別名・猫の島。観光・漁業も盛んです。昔の町並みが残る島です。

飛島

飛島

椿が有名。大飛島と小飛島の2つの島からなります。

六島

六島

笠岡諸島最南端。灯台へ続く道は、水仙が迎えてくれます。

ページトップへ
Copyright NPO CDM JAPAN All Rights Reserved.